江戸時代より前には熨斗目小袖を正装に用いていたが、その略式として五つ紋無地、または熨斗目の小袖を用いるようになった。 当時は武家の略礼装であったが、しだいに庶民の最礼装の扱いになっていった。