紋を抜く部分を白く円状にのこした部分。江戸時代の庶民の場合、お金をかけずに石持ちのまま仕立てることもあった。