仕立てられた着物を解き、洗って仕上げること。 もともとは家庭で行われていたが、第二次大戦後は専門店で行われる場合がほとんどである。 濡れても縮まない布は板張り仕上げ、高級品には伸子張り仕上げ、縮みやすい縮緬などには湯のし仕上げなどが行われる。